学院長の挨拶

KIJ語学院 【瀧浦 喜代香学院長からのメッセージ】

人は誰でも自国から外国へ行くと、今まで知らなかった自分自身に出会うことになる。あなたが日本に来た時、自分の国では暖かく保護され、のんびり暮らしていたことがわかるでしょう。外国に住むと、いろいろ不自由で不安や苦悩にさいなまれます。たとえ慣れても、自国でのような平穏な日々を過ごすことができないでしょう。

しかし、自分が外国人であり、外国と世界の中の人間であることを意識すれば日本で生きていくために当然日本語を勉強することが必要になってきます。そして、あなたが懸命に学んだ日本語は外国の中で生きていくための最高の仕事(わざ)になってくるのです。外国である日本で、真に自分らしく生きていくために、自国での気ままな生活を離れて「どう生きていくか?」「日本語をどれくらい勉強すきか?」……。いろいろ悩み、考えることがたくさんあります。しかし、これを乗り越えてこそ、「外の世界への冒険」に挑戦することができるのです。「外の世界への冒険」を経験すれば、確実に新しい未来への扉が開きます。みなさん、過去の自分を超えた、もっと大きな人間になっていくために日本で頑張ってみませんか?私たちが応援します!!

KIJ語学院南校 【大谷 雅子学院長からのメッセージ】

人は自分の人生をどう生きていくかという問いを常に自分に投げかけながら生きています。そして、できるなら新しいことに挑戦し、新しい自分を発見しながら楽しく元気に生きたい。

皆さんはきっとそんな思いで日本への留学を考えていると思います。日本への留学はそのいいチャンスですが、同時に日本語の勉強とあわせて異文化での日々の生活に慣れるという努力が必要です。困難があることも事実です。しかし、それを含めて日本への留学は皆さんの人生にきっと大切なよき経験となって残ることでしょう。

留学後、皆さんは一人ではありません。学校をあげて皆さん一人一人の思いに寄り添い、導くことを日々、考えています。KIJ語学院南校で共に学びましょう。